sedoブログ

スピリチュアルやメンタルヘルス、ストレスケアや介護についてなどの記事をあげています。また雑記や日記なども書いてますので、お気軽にお立ち寄りください(^_-)-☆コメント等歓迎です!

MENU

セドと「神社の話」編②

 

こんにちわ、セドです('◇')ゞ

 

前回に引き続き、神道と神社」

について記事をあげていきたいと思います!

 

sedoxil.hatenablog.com

 

まず、神道とは何か??

について調べてみました(-ω-)/

 

 

神道とは、、、

自然現象など神羅万象に神が宿ると考える、

日本独自の民俗信仰を神道

別名「惟神道(かんながらのみち)」といいます。

「開祖」や「教典」は存在せず、多神教として

八百万の神と呼ばれる無数の神を崇拝するのが特徴的です。

神道の起源は古代日本に遡り、縄文時代から弥生時代にかけて

原型が成立したと考えられています。

 

、、、と、あります!

特定の神様を振興するのではなく、自然界に

みられる様々な現象に

神様が宿っているという

考え方のようです(;・∀・)

 

次は「神社」についてですが、、

神社とは、神道の信仰で神々を

祀るための建物や施設の総称。
また、祭祀を行う組織そのものも

神社とよぶ。

神社の区域は鳥居の内側を差し、

神域となっている。
神社には、産土神天神地祇

皇室、氏族の祖神、

偉人や国家に功労のあった人などの

霊がとして祀られている。

、、と、あります(*ノωノ)

 

 

 

 

前回のブログに書きました、

イザナミさんについても

再度よく調べたら、、

国も神も生み、日本を作った国母神。

黄泉(よみ=死者の国)の女神でもあり、

生と死の二つの顔を持つ

と女神さま。

イザナギの妹であり愛妻です。

という記事をネットで見つけました('ω')💦

 

イザナミさんについて色々と調べていると

たくさんの神話が見つかりますが

セドなりにざっくりとまとまてみました(-ω-)/

 

「日本という国を作った神様夫婦の奥さん方で、

たくさんの子孫(神様)を生み、

最後はお産が原因で

お亡くなりになってしまったようです。。。

しかし、イザナミさんの死を受け入れられない

夫のイザナギさんが、なんと黄泉の国まで迎えに行くという💦

 

、、しかし、黄泉の国の食べ物を食べて、

醜い姿になったイザナミさんを見て、

イザナギさんは驚き、慌てて

黄泉の国から逃げ出してしまったそうです('Д')💦

このことに腹を立てたイザナミさんはブチ切れて

思わず呪詛を叫びました!
「愛しい夫よ、私はこれからあなたの国の人を、毎日、千人ずつ殺します!!(# ゚Д゚)」

、、、これに対して、夫のイザナギさんは

「愛しい妻よ、、、それなら私は人間が決して滅びないよう、一日に千五百人

生ませよう( ;∀;)💦」

そうして、とても愛し合っていた

イザナミさんとイザナギさんは、

永遠の別れをしたのでした(;´・ω・)。。。。。

 

「…なんとも切ない(*_*;チーン

 

 

あくまで、セドのざっくりまとめなので

詳細は書籍やネットでご確認くださいね(;^ω^)💦

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

既読リストに入れてくれた方、スターを下さった方

いつもありがとうございます(^^♪

今後ともよろしくお願いいたします(*ノωノ)

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しました!

よければクリックのご協力をお願いいたします<m(__)m>

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村